Thursday, February 1, 2018

NAMM 2018

LAで行われたナムショーに参加してきました。

今回は会場があるアナハイムに少し早く乗り込んで、人生初!ディズニーランドに行ってきました。世界で初めてオープンし、唯一ウォルト・ディズニーが足を踏んだディズニーランドだそうで、レトロな乗り物から3Dを駆使したアトラクションまで様々あり、すっかり楽しませてもらいました。

Carsのアトラクション。
グランドキャニオンを模したバックは圧巻!
とてもレトロで可愛らしいお城。


さて、本題のナムショーです。参加するのは今年で4回目なのですが、今回は兵庫県三木市在住の新進気鋭ギター製作家、西垣祐希さんのお手伝いでした。


会場入り口。とにかくでかい。
西垣氏とブースにて


ブティック・ギター・ショーケースというコーナーの一角にギター2本が展示され、連日世界各国のディーラーやアーティストと話す機会に恵まれました。そのギターのうち1本は、なんと僕のために作っていただいたスペシャルモデル!指弾きのスタイルに合う様に夜な夜な国際電話で意見を交わし出来上がった1本です。これまでそれなりの数のギターを触ってきましたが、西垣ギターほど木、素材本来の音を生かしたギターはないと思います。ぜひチャンスがあれば手に取ってみてください。これから、このギターと共に自分の音楽をさらに育てていきたいと思います。

Nishgaki Guitars の紹介ページはこちら



ZTアンプのブースでデモ演奏中の我らが高免信喜アニキ。
Nishgaki Guitars のフルアコモデルArucus、ええ音してました。






ブースにいたのは始めの2日間だけで、後半は友人のギタリスト金沢悠人くんにバトンタッチ。ちなみに彼も西垣ギターのユーザーです。会場はとても大きく全ては回りきれなかったのですが、少しここで紹介したいと思います。

ナイロン弦モデルを愛用させてもらってるゴダンのブース。今年も新しいモデルが出ていたのですが、特に目を引いたのがマカフェリタイプのエレアコ。ゴダンファンとして、またじっくり試してみたいと思います。

ゴダンアーティストのライブ。
新作マカフェリタイプ


去年オープンした新しい建物には、オーディオ関連のブースが立ち並んでました。その場でマイクを試せたり、ソフトウェアのデモンストレーションがあったりで盛り上がっていました。

こちらはSureのブース。



ソフトウェアの実演


ローランドのブース。
DJ、ミュージシャンを部屋の四方八方に配置し
なかなか凝った演出でした。


メインのホールでもお馴染みの会社が立ち並び、大盛況でした。

フェンダーのブース

知る人ぞ知る、クラインギターのスティーヴさん。
作品はその人となりを表すと言いますが、
その通りピュアで素敵なな方でした。


エレハモ名物社長の看板
インタビューを受ける本人

日本のメーカーも頑張ってました

キュートなルックスのダンエレクトロ

個性派ブース編

工房を再現したというカールトーンケースのブース。
いったい弦何本ついてるんやろ?


ん、鹿!?
もはや何のブースなんかわからん

最後はディアンジェリコのステージでカート・ローゼンウィンケルのトリオをチェック。いや、最高の演奏で痺れました!


以上、NAMM2018レポートでした!


Tuesday, January 16, 2018

2017年後半を振り返って

新年あけましておめでとうございます!今年も質の良い音楽をどんどん発信していきたいと思います。

去年はトライアングルのツアーをはじめ様々なプロジェクトに参加させていただきました。そのうち2017年後半で特に印象に残っているものを幾つか紹介したいと思います。

オペラ演出家、釣恵都子さん率いるカンパニー、オペラ・ポムルージュの舞台「マイスタージンガー」にギタリストとして出演させていただきました。もともとは4時間を越える超大作を1時間ほどに凝縮、舞台設定も80年代のニューヨークに置き換えるなどかなり意欲的な演出で、リュートパートをギターで担当しました。キャストは全員女性で、指揮者、ピアニスト、ぼくだけ男性だったのですが、何と3人とも女装で本番に挑みました(笑)

オーケストラ。女装してます。
カーテンコール




去年から参加しているラテンジャズバンド、アフロラティナーズでもブロンクスやハーレムを中心に演奏する機会がありました。ラテン音楽に関してそこまで深く知るチャンスは今までなかったのですが、リーダーから毎週のように参考音源が送られてきて、モンテューノのパターンなどを練習しています。サルサやその前身であるマンボ音楽ではピアノが活躍しているのですが、そのルーツであるソンというジャンルの音楽ではトレスというマンドリンのような複弦ギターが活躍していたそうです。その中でカリスマ的存在のあるアルセーニョ・ロドリゲスという人に最近ハマっています。

演奏後の1枚
クリスマス前の野外演奏。
さすがに寒かった。

















そしてひょんなきっかけで、ジムホールの最後のベーシスト、スティーブ・ラスピナとマンハッタンのレストランで共演。いやっ、痺れました。美しい音色、そして彼の弾くベースラインがバロック音楽の対旋律のようにソロにからみ、これぞ正しくインタープレイ!という演奏でした。向こうの方が100倍ぐらいレベルの高いことをやってるわけですが、それでもちゃんと1人のミュージシャンとして見てくれて、演奏後にあの曲のあの部分はよかったね〜なんて話しをしていました。スティーブさんはとても気さくな人で、ジムホールとのツアー談や趣味の料理の事など色々と話してくれました。ニューヨークに来て良かったと思えた瞬間でした。


マンハッタンのイタリアンレストランでデュオ。
まかないがめちゃウマかった。
















大晦日はタイムズスクエアにあるアイリッシュバーでカウントダウン。ローリングストーンズやビージーズなどのオールディーズを演奏して、アメリカンな年越しでした。

バンドはこんな感じでスタンバイ
セットの合間に集合写真。












来週は兵庫県在住のギター製作家の西垣祐希さんのお手伝いでナムショーに行って来ます。こちらもまた報告したいと思います。

Tuesday, November 14, 2017

ブルーノート演奏ビデオ

先日のブルーノート演奏のビデオがアップされました。

小田村作曲の「Parallel Worlds」そしてフルート深沢晴奈作曲「月下美人」の2曲をこちらでシェアしたいと思います。楽しんでいただければ幸いです!






Thursday, November 2, 2017

日本ツアー&NYブルーノート報告


遅ばせながら、夏の日本ツアーそしてニューヨーク・ブルーノートでの演奏に駆けつけていただいた皆さん、ありがとうございました。今回のツアーも沢山の協力のおかげで無事に終える事が出来ました。日本全国9都道府県駆け抜け、旅を共にしたトライアングルのメンバー2人に本当に感謝です。

ツアー初日は去年も出演させていただいた六本木のお店、ソフトウインド。満員御礼で幸先のよいスタートでした!


















そして翌日は移動日。なんとフェリーで車ごと乗っかり、神戸から九州へ。船内で30分ほどの短いライブを行いました。波に揺られてバンドもとてもスウィングしてました(笑)お客さんの中に作曲家の方がいらっしゃってびっくりでした。

ベーシストの座を必死に
奪おうとする某フルーティスト


















 
甲板から望む瀬戸内海

 
海は広い〜な〜

翌日は山口阿武町の立派なホールでの演奏。以前コンコードジャズフェスティバルが開催されていた場所だそうで、最高の音環境でした。ライブ実行委員会の吉村さんを始め、田舎の人の熱烈な歓迎に感動しました。本番では100人を越える方々に来ていただきました。


大ホール!
 
手作り感溢れる会場






























広島は去年に引き続きバード。お店に訪れるのは3度目で、とてもリラックスた雰囲気の楽しいライブになりました。マスターの鳥越さんとの音楽談義も尽きませんでした。(いつも終電ぎりぎりまでありがとうございます!)演奏前に地元のドラマーの福山さんと一緒に腹ごしらえ。


コテを見つめる表情は真剣そのもの
















ベースのアキさんの地元鳥取では、なんとテレビの取材が入り翌日のテレビで放映されました。会場にはイラストレーター・鉄筋彫刻家の徳持耕一郎さん、イラストレーターのHal Iwasakiさんがいらっしゃって、光栄にもその場でイラストを描いてもらいました!そして演奏以外の空き時間で鳥取を満喫しました。









徳持さんと























噂のすなば珈琲に乗り込む小田村



小学生以来の鳥取砂丘









その後は神戸、滋賀で2本のライブでした。滋賀での演奏、そしてツアー後にワークショップを企画していただいた辻元さんに感謝です。京都ナムホールでは、地元パワーで大盛り上がりでした。

神戸グレートブルーは、ボーカル
Rico Yuzenさんとのジョイントライブ

滋賀1本目はひらつか建築での
ショールームでのディナー&ライブ



ルッチプラザの舞台袖より。
地元京都では、小田村一家全員で手伝ってくれました。
家族にほんま感謝!

そしてこの方、バンドのベーシスト山本章弘。他の二人が免許を持っていない為、ツアーの全ての運転を担当。ほんとお疲れさまでした。。。

「しかし、なんぼ運転させんねん〜」

     
僕の地元京都・山科のラーメン天。初体験の二人。
































ツアー後半、アングラ感漂うの最高のハコ、名古屋バレンタインドライブ。愛用しているゴダンの日本代理店の斎藤さんご家族に来ていただきました。

Jes &トモ斎藤さんと。
どうやらこの楽器はかなり重たいらしく、ヘビー級と告げられました。


















そして群馬・桐生に初上陸。ミソカツ(食うてばっかりやな)で腹ごしらえをし、Villageという可愛らしいライブハウスで演奏。余談ですが、サウンドチェック後に近くの楽器屋にふらっと立ち止まったら、なんと伝説のアンプPetersonを発見。本番があったので5分ほど試奏して後ろ髪を引かれる思いで店を後に。

ヴィレッジのビビちゃん。シャッター音の物まねが得意です。





















そして千秋楽は老舗東京TUC。これまでハンク・ジョーンズを始め数々のレジェンドが出演して来たお店で、まさにその熱演の余韻が漂っていました。お陰さまで満員!

千秋楽!気合い入ってます。















前日に高円寺で見つけたシャツを着ていった所、
ボーリング場の店員みたいとツッコミが入りました。

















そしてニューヨークに戻り、念願のブルーノート!感無量でした。小田村トリオでも共演しているウチダユタカさんをゲストに招き、いつもより更に白熱したステージになりました。応援に駆けつけてくれた皆さん、本当にありがとう!




みんなありがとう!





















ツアーを通して沢山の方との出会いがあり、貴重な経験となりました。バンドとしても更に成長できたと思います。また来年も日本で演奏できるように頑張りたいと思います!


そして番外編。

京都・山科の街中をジョギングする山本と小田村

















ベースを初めて手に取り、興奮する小田村父。